Oily skin脂性肌編

 

気になるお悩みをクリックしてください。

取り除くケアが大切です

ダブル洗顔で余分な皮脂と角質を取り除くひき算ケアがポイントです。皮脂量が多いので、クレンジングは4~5PUSH使用しざらつきがある部位に多めに丁寧になじませます。角質が厚く、硬くなりやすい部位はクリアウォッシュで3分泡パックがお勧めです。角質が柔らかくなるまで続けますが、肌状態によって日数が違いますのでスタッフにご相談くだい。またサロンケアでは、毛穴の詰まりを特殊なオイルで柔らかくし吸引のケアや超音波で毛穴のざらつきを取り除くことでニキビ知らずの滑らかな肌へと導きます。

皮脂分泌を抑制するケアがポイント

皮脂分泌過剰により、自分の皮脂で炎症を起こす場合があります。クレンジングできちんと皮脂を取り除くことで炎症が落ち着き化粧崩れもしにくくなります。日中も、余分な皮脂を油とり紙で取り除きましょう。メイクは、スキンセラムベース(化粧下地)でお肌を整え、リキッドを少なめに、クリアエッセンスパウダーを多めにすると化粧持ちが良くなります。

新陳代謝の乱れを整えるケアがポイント

くすみは角質ケアが必要です。くすみの原因は垢となって剥がれおちる角質が剥がれ落ちず厚くなっている可能性があります。セルディナウォッシュは、余分な角質を取り除き皮膚を柔らかくします。くすみがある部位はしっかりしたきめ細かな泡でローリングの回数を多くしましょう。洗顔後は、ローションNで潤いを与え、ゲルNで角質を整えます。正しい角質のケアをすることでニキビになりにくいお肌へと導きます。また、サロンでしかできない美容機器を使用した角質ケアを行うことで素早く透明感ある肌に導く事が出来ます。スタッフに適切な角質ケアをお願いしましょう。