Normal skin普通肌編

 

気になるお悩みをクリックしてください。

春は、埃や花粉、PM2.5等がお肌につきやすくなりバリア機能低下から揺らぎ肌に

お肌も身体も疲れが取れず調子が今ひとつ。そんな春の不調には、「リバイタルパック」しながら入浴を!パック+ラップすることで血行促進と美容液成分の浸透力を高めます。たった5~10分でふっくらしたキメ細かな肌に導きます。
また、お肌の乾燥による赤みには、リターンコンディションマスクがお勧めです。

紫外線に負けない潤いKEEP肌づくりがポイントです

汗や皮脂の分泌が活発になる夏は余分な皮脂を取り除くことが大切です。「クリアクレンジング」はこすらずに皮脂やメイクに素早くなじみます。「クリアウォッシュ」はキメ細かなもっちり泡が皮溝や毛穴に入り込んだ汚れなどを浮き上がらせ、お肌に必要な潤いはそのままにスッキリと透明感のあるお肌に仕上げます。さらに夏の暑さを吹き飛ばすには、ひんやりローションパックがお勧めです。お肌のほてりをその日のうちにケアすることが大切です。潤いをお肌に閉じ込めてキューっと毛穴を引き締めて毛穴しらずのお肌に導きます。日中は、サンプロテクトUVで潤いKEEPしながら3つの光からお肌をケアします。

秋は、夏の疲れを癒し、過酷な冬に向けて休息と栄養を整える時期です。まずは硬くなった角質を柔らかくするケアがポイントです。

秋は夏の紫外線の影響でくすみやすい時期です。ホームケアでは、クリアウォッシュで硬くなった角質を柔らかくして取り除きます。洗顔の方法は、お一人おひとりのお肌の状態によって違いますので、サロンでスタッフにご相談ください。サロンケアでは、角質の状態に合わせて美容機器を選び角質ケアを行います。そして次に日焼け・肌荒れを回復させるために、新陳代謝を促進するケアが必要です。サロンでの新陳代謝を促進するセルサーを使用したトリートメントがお勧めです。ふっくらとした透明感あるお肌へ導きます。

血行促進ケアが大切です。W保湿・外からと内側からのケアが必要です。

冬は、気温や湿度の低下からお肌が乾燥しやすくなります。寒さは交感神経を介して皮膚の毛細血管を収縮させるため栄養が行き渡らず、新陳代謝も最低となります。血行を良くするケアポイントは湯船につかり「ラップパック」で血行促進と潤いアップのW効果!ホームケアでの美顔器でエクストラエッセンスをたっぷり導入。ローションRとゲルRで潤いリッチなお肌づくりを目指しましょう。乾燥対策として、お部屋に加湿器の設置や洗面台にお湯を張ったり、旅先などはバスタオル1枚干すことで、湿度を上げてくれます。