Component美容成分36種類+無添加処方

美容成分36種類配合

セルディナには、新製法ラメラプロビジョンの
ナノラメラベシクールのナノソフトカプセルに
水溶性有用成分22種類+油溶性有用成分14種類の
合わせて36種類美容成分を配合
『素肌美を生みだす』
新しいスキンケアの習慣

油溶性成分
14種類
オリーブ果実油、ホホバ種子油、スクワラン、セラミドEOP、セラミドNG、セラミドNP、セラミドAG、セラミドAP、オレイン酸、パルミチン酸、モルティエレラ油、オリザノール、テトラヘキシルデカン酸アスコルビル、ユビキノン
水溶性成分
22種類
加水分解ヒアルロン酸アルキル(C12−13)グリセリル、レスベラトロール、DNA-K、DNA-Na、ウンカリアトメントサエキス、ラミナリアディギタータエキス、加水分解アルギン、フランスカイガンショウ樹皮エキス、ローズマリー葉エキス、アンマロク果実エキス、ノイバラ果実エキス、ポリグルタミン酸、エクトイン、カルボキシメチル-β-グルカンNa、ヒアルロン酸Na、アセチルヒアルロン酸Na、加水分解ヒアルロン酸、リン酸アスコルビルMg、グリチルリチン酸2K、ソメイヨシノ葉エキス、オタネニンジン根エキス、ウメ果実エキス

無添加処方

成分辞典 ingredient dictionary

アンマロク果実エキス

Phyllanthus Emblica Fruit Extract
科名:トウダイグサ科
抽出部位:果実

インドの伝承医学アーユルヴェーダには三大果実と呼ばれるフルーツの中のアムラは、
キングオブフルーツ・看護婦・若返りの果実と言われる万能な果実から抽出したエキスです。

期待される効果
抗酸化・美白・エイジングケア・UV対策

オリーブ葉エキス

Olea Europaea Leaf Extract
科名:モクセイ科
抽出部位:葉

オリーブの葉は、地中海沿岸地域では、古の時代から民間薬として用いられてきました。
オリーブの葉はポリフェノールであるオレウロペイン、ヒドロキシチロソールや
オリーブオイルと同じくオレイン酸を豊富に含んでいます。

期待される効果
免疫力強化、抗菌・抗ウイルス効果、コラーゲン生成促進

ソメイヨシノ葉エキス

Prunus Yedoensis Leaf Extract
科名:バラ科
抽出部位:葉

古くから愛されている桜は、その姿や香りで私たちを癒す他に、エキスに高い美容効果を
持っています。肌に弾力やハリをもたらしたり、保湿にも効果があるとされています。

期待される効果
抗アレルギー、抗酸化、美白、保湿、かゆみ抑制

ノイバラ果実エキス

Rosa Multiflora Fruit Extract
科名:バラ科
抽出部位:果実

野生のバラであるノイバラの果実から抽出されるエキスです。フラボノイドやビタミン類
などを含み、漢方ではエイジツと呼ばれており、日本薬局方の医薬品として瀉下薬や
利尿薬としても処方されます。

期待される効果
美白、収れん、抗酸化、抗アレルギー

ホホバ種子油

Simmondsia Chinensis Seed Oil
科名:ホホバ科
抽出部位:種子

アメリカ南西部に自生する、ホホバの実から抽出される黄金色の植物油。皮脂のワックス
エステルとよく似た構造のため、肌なじみが良く、精油のオイルとして最も多く使用
されています。高い保湿効果があり、肌をすこやかに整えます。

期待される効果
柔軟、保湿、抗酸化、抗炎症

ラミナリアディ
ギタータエキス

Laminaria Digitata Extract
科名:褐藻類の一種
抽出部位:海藻

ヨーロッパの大西洋に生息している褐藻類の一種。アミノ酸やビタミン類、ミネラルや
微量元素などを豊富に含みます。ミネラル豊富なエキスが、肌に不足しがちなミネラルを
補い、肌を引き締めるとともに、高い保湿力でしっとりスベスベな肌に導いてくれます。

期待される効果
抗老化、肌賦活、抗シワ、ミトコンドリアDNA保護

レスベラトロール

Resveratrol
科名:ぶどう科
抽出部位:果皮

レスベラトロールは摂取することで老化を防止し、働きを活性化することで、細胞の若返り
や老化の遅延も期待されているエイジングケア成分です。強い抗酸化作用を持つため健康食品
や化粧品に用いられることも多く、赤ワインやチョコレートにも含まれています。

期待される効果
ターンオーバー正常化、保湿、肌弾力、抗炎症