Combination skin混合肌編

 

気になるお悩みをクリックしてください。

美肌への第一歩は、まず自分の肌タイプを知ることです

実は、Tゾーンや鼻は、頬に比べると皮脂量が4~9倍多く分泌します。テカリや化粧崩れをするからといって、必要な皮脂まで取り除いてしまう間違ったケアにならない事が大切です。洗浄力が強いクレンジングで必要な皮脂まで取り除きすぎると、お肌が乾燥していきます。乾燥することでまた皮脂を増やしてしまうという悪循環に陥ってしまいます。
サロンケアではスタッフが肌タイプの見極めをいたします。季節や部位、トラブルの原因に合わせたケアをすることで、肌結果のスピードがアップします。

部位に合わせたケアをすることがポイントです

Tゾーンは皮脂が多く、頬は水分も皮脂も少ない肌の状態です。皮脂が多いTゾーンは、クレンジングを多めに余分な皮脂や汚れを取り除きます。乾燥する頬はエッセンス・ローション・ゲルを多めにつけて保湿しましょう。肌質は季節や環境、体調、生活習慣、スキンケアの仕方によって変化します。定期的にサロンで水分量と皮脂量をチェックし、スタッフがアドバイス致します。

生理前は「取り除くケア」が大切です

生理前は黄体ホルモン優位により皮脂分泌が多くなり、ニキビや化粧崩れ・くすみといったトラブルが多くなります。生理前1週間くらいから、クレンジング洗顔をていねいに行うことがニキビをつくらないポイントです。Uゾーンなど乾燥する部位はローションで保湿もしっかり行いましょう。食事面では、糖質や脂質を控えるようにすることが皮脂分泌を抑制します。また、精神面ではイライラしやすくなる時期ですので、ビタミンCやカルシウムの摂取を心がけましょう。生理痛などある方には、オスタリティーがお勧めです。

毛穴の開きの原因を知り、原因に合わせたケアをすることが大切です

毛穴の開きの原因を知り、原因に合わせたケアをすることが大切です。毛穴の開きの原因はおおきく2つ。

ひとつは皮脂分泌が多いと毛穴も目立ちます。Tゾーンなどは、皮脂分泌が多い部位ですのでクレンジングの量を多めにして丁寧に取り除きましょう。毛穴の汚れを取り除いたら夜のケアにはピュアCでの毛穴の引き締めがお勧めです。また、食事面やストレスでも皮脂分泌が過剰になります。動物性脂質や糖質の過剰摂取、ストレスでは、交感神経が優位になり男性ホルモンが活性しますので皮脂分泌を多くします。ひとつずつ原因を取り除いていきましょう。

二つ目は、水分不足で乾燥すると毛穴が開きやすくなります。ローションとゲルでW保湿しましょう。スタッフが、毛穴の開きの原因に合わせたケアアドバイスを致します。